マンション雨漏りはどう対応したらいい?

マンション雨漏りの主な原因は老朽化がほとんどです。


外壁のコンクリートにひび割れがあったり、外壁コーキングやサッシの劣化などで発生します。
築10年を経過したマンションは雨漏りをしやすくなってきます。
そのため、マンションは大体10年ほどで外壁の塗り替えなどのメンテナンスを行う場合が多いです。



集合住宅であるマンション雨漏りは、その原因をはっきりとしないとトラブルになる場合があります。マンション雨漏りは、配管や共用部分のパイプのつまりによる上階からの水漏れの可能性があるからです。


雨漏りが起きた場合は、しっかり記録をし、どこから漏れているかの見極めを行う必要があります。

もしもマンションで雨漏りが発生したら、分譲マンションの場合は管理会社に連絡をします。
連絡をせずに修理をするとトラブルのもとなのでやめましょう。雨漏りの原因が、共用部分や外壁であれば、修繕費や賠償は管理会社が支払いますが、自己負担となる場合もあります。

修繕費は高額になる可能性もあるので、水漏れに備えた火災保険などへ加入しておくと安心です。

賃貸マンションの場合は、借主や管理会社にすぐに連絡をします。



賃貸の場合のマンション雨漏りは、自分が原因でなければ修繕費を負担することはほぼありません。
マンション雨漏りはその原因の特定が難しく、誰が修繕費を支払うかでトラブルになることも少なくありません。



トラブルを避けるには、定期的なメンテナンスと、もしもの時のための保険に加入しておくことが大事です。