賃貸マンション雨漏りの対応

集合住宅や一軒家などの住宅に住んでいる上で、直面してしまう危険性のあるのが雨漏れです。
一軒家などの持ち家の場合ですと、雨漏れが発生した際にマンション等の集合住宅に比べ面積が小さい為、早急な対応が可能です。分譲マンションも持ち家に同様に、入居者の皆さんで修繕積立金というマンションの修繕に対する積み立てがされている為、マンション雨漏りに対しても予算があり管理組合等の許可が下りれば比較的円滑にマンション雨漏りへの対応が可能です。しかし、賃貸マンションになりますと、ご自身の所有物でなく、共益費や敷金、礼金と言った徴収法もありますが分譲マンションの修繕積立金に比べれば、しっかり管理されている所もあり早急な対応が望めない場合があります。そういった賃貸マンション雨漏りの対応としまして大事な事は、まず初めに雨漏れを発見すればすぐに管理会社や大家さんに相談する事です。

相談しない限り、管理してる方も雨漏れに気づきませんので、発見次第すぐに報告や相談をする事です。


そして雨漏れですが、よく想像されるのが天井から水滴が落ちてくる事ですが、実際には水滴が落ちてくるまで段階が踏まれます。その雨漏れの初期の段階で報告することで、雨漏れの早い修繕が見込めるかもしれません。


その初期の段階とは、一般的に天井にはクロスが貼られていると考えられますが、そのクロスに染みが出来てきます。

これは雨などが染み込んでいるサインかもしれません。



他にも普段は硬い天井が雨などで湿り指などで押すと柔らかくなっているなどの変化が見られます。



この様な些細な住宅の変化を早期に発見し、相談する事で雨漏れへの対応が早くなる事が見込まれます。