マンション雨漏りとその対策

分譲で購入したマンション雨漏りは、戸建ての雨漏りとは異なった対応が必要となります。



それは、雨漏りの原因の多くが屋根部分やベランダ部分にあるからです。

屋根やベランダは、共用部分であり、マンションの持ち主の所有物ではないのです。したがって、マンション雨漏りで屋上から雨漏りしている場合には、管理組合が修理費用を負担するのが通常です。
戸建ての場合には、火災保険の範囲になるので、戸建ての所有者は保険で費用を払える場合があります。


しかし、マンションの場合には、入っている火災保険の条件により異なります。

次に、戸建ての場合にはありえない、上階つまり別の人が住んでいる部屋からの漏水の場合です。この場合も、まず管理組合に連絡し、修理しますが、費用は最終的に、故意過失があれば上階の人が、上階の人に故意過失が亡い場合には、マンションの管理組合や建築会社などが最終的に負担します。



しかし、漏水の場合には、保険で支払える場合も多いです。一方、賃貸マンションでは、借主が故意に屋根を壊したような場合を除いて、借主である居住者が修理費用を負担することはまずありません。



雨漏りの修理費用は、マンションの所有者が負担すべきです。

なぜなら、貸主である家主は借主に対して、普通にすむことができる家を貸す義務があるからです。

家主は修理費用を支払った後、原因をつくった者に対して、その費用を請求できる場合があります。

実際に、マンション雨漏りが生じたらら、買って住んでいる人は管理組合や管理会社に連絡し、借りて住んでいる人は、貸主である家主または管理者に人に連絡してください。