マンション雨漏りの原因と対策

雨漏りというと、一般的には戸建ての一軒家で発生するものと考えられがちですが、マンションでも雨漏りが発生する場合があります。



主な雨漏りの原因と対策を見ていきましょう。

マンションの場合、雨漏りが発生するのは屋根に最も近い最上階を想像しがちですが、最上階以外でも発生します。


マンションの場合、屋根だけでなく外壁や窓のサッシ周り、換気扇、バルコニーなどから雨水が入り込む場合があり、10階建ての真ん中の5階で発生する場合もあるわけです。

雨漏りの原因は建物の老朽化のほか大雨や突風などによる損傷、施工不良などが考えられます。



マンション雨漏りの原因は、建物の老朽化による経年劣化が最も多いようです。


中古のマンションばかりでなく、新築マンションでも発生することもあります。

ただし、マンションの場合は上の階からの水漏れ可能性もあり、雨漏りかどうかの判断が難しいケースも見受けられます。


雨漏りか水漏れかの判断は一般の住民では難しく、間違った判断をしてしまうと後々のトラブルにもなりかねませんので、専門家に依頼した方が間違いがないでしょう。マンション雨漏りが起きた時はまず、管理人または管理会社に連絡を入れましょう。
すぐに原因を調査してくれるはずです。経年劣化や災害などで発生した雨漏りによる損害は、居住者ではなく管理会社が負担することになります。

マンション雨漏りが発生した時に居住者が取るべき行動は、家電などを漏れている場所から離すことです。



水が電気にふれると関電などの危険があるためです。